国内業者はDD方式が一般的でレートずらし、ストップ狩り、スリッページ、約定拒否などの悪質な詐欺の根源!

国内FX業者の悪質な合法的詐欺

XMtrading

 

国内FX業者の合法的詐欺行為は主に3つあります。

ストップ狩り

まずストップ狩りと呼ばれる行為になり、これはストップを利用している参加者の資産を奪う行為になります。ストップを入れている事を考慮して激しい値動きをわざと国内FX業者が作り、自分の所の利益にする方法です。このストップ狩りが行われる回数が多ければ多いほど、利用者は損をすることになるため、頻繁にストップ狩りをされる場合には利用している業者を変更することを考えなければいけません。
そのまま同じ業者を利用していると延々とストップ狩りをされる事になってしまい、勝つことが出来なくなりますので注意が必要です。この様なストップ狩りに遭わないためには利用する業者の評判を事前にインターネット等で確認してから登録をする必要があります。ストップ狩りが頻繁に行われている所は悪い噂が立っている事も多く、評判も良くないので調べてから登録することでリスクを抑えることが可能です。

スリッページ

次に国内FX業者の合法的詐欺行為としてあげられるのは、スリッページになります。スリッページが大きくなればなるほど、自分が考えていたポジションとは違うポジションを持つことになります。このスリッページが大きすぎてしまうとロスカットにも繋がる事になるので注意が必要です。スリッページはどの業者でも起こる可能性はありますが、ほとんどの場合は大きなボラティリティが起きた場合のみに起こります。大きなボラティリティが起きていないのにスリッページが起きてしまう場合は、国内FX業者の合法的詐欺行為と考えて間違いありません。ひどい所になるといつもスリッページが起きる業者もいるので、注意が必要です。

約定拒否

最後の国内FX業者の合法的詐欺行為は約定拒否になります。これは他の物と比べても一番重要視する必要があり、約定拒否が起きてしまう取引所では満足にトレードをする事が出来なくなります。
特に自分の持っているポジションのロットを大きくすると約定拒否されてしまう所では、故意的に約定拒否が行われている可能性がありますので注意が必要です。故意的に約定拒否が行われているかどうか判断するためには、ロットを変えてみて小さなロットでポジションを持つことが出来ても大きなロットに変えるとポジションを持つことが出来ない場合は、故意的な約定拒否をされている可能性を疑う必要があります。取引所に問い合わせをしてもその様な事は行っていないと言われる可能性が高いので、日本に拘るのではなく、海外の取引所を検討する事が大切です。
海外の取引所の場合には日本の取引所よりも公平さがある為、これらの詐欺行為を心配する必要もありません。参加者が安心して取引をすることが出来るようにサポート体制も整っている所が多くあります。レバレッジの倍率を見ても日本に比べると海外の取引所の方が優遇されているので、この様な国内FX業者の合法的詐欺行為に嫌気がさしてしまい、日本の取引所から離れている方も多くなります。

海外FX XMトレーダーブログ更新情報を紹介

投稿日:

Copyright© 国内FX業者の悪質な合法的詐欺 , 2019 All Rights Reserved.